老人ホーム

街を歩いていて感じること。

私は比較的若年層の多い大都市に住んでいます。

そして、この街に住んでしばらくが経つのですが、いろいろと街の変化に気が付きます。

その中で、一番感じることといえば、老人ホームが増えていることです。

私の住んでいるマンションの周辺も、老人ホームが激増しています。

そして、老人ホームといえばイメージとしては、田舎のちょっとさびれた施設が多いようなものがあります。



しかし、実情は都市部や都心部にも老人ホームは増えており、見た目も普通のマンションと変わらなかったりもします。

そして、この傾向はこれからも増え続けると思います。

事実、日本では世界でも類を見ない、少子高齢化が進んでいます。

それから、それを食い止める政策なども行われておらず、食い止めるのは難しい問題なんです。



そのため、今後も日本全国を見ても老人ホームをはじめ、多くの高齢者向けの住宅などが増え続けると思います。

そして、それはマイナスイメージかもしれませんが、見方を変えればビジネスチャンスでもあると思います。

特に、高齢者は大きな資産を所有している人も多いため、高齢者向けのサービスを充実させることは、日本経済にとっても大事なことだと思います。

これらのことから、今後も老人ホームは増え続けるため、各企業で競争や差別化なども進んでいくと予想ができます。